メラニン色素とは?簡単にメラニンを減らす方法と増やす方法!

スポンサード リンク


メラニン色素と聞くと、シミ、シワやソバカスをつくる悪者
というイメージを持っている人も多いかもしれませんね。

meranin
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

 

果たしてそうでしょうか?

よく誤解されがちですが、メラニンは実は悪者ではありません。

紫外線から、私たちの体が守られているからこそ
メラニンができるのです。

また、人それぞれの状況によって、
メラニン色素を減らしたり増やしたい人もいます。

ここでは、メラニン色素についてと、これを減らす方法、
逆に増やす方法もお話しますね。

 

メラニン色素とは

スポンサード リンク



私たちの肌の色や髪の色、目の瞳の色をつくるのがメラニン色素。

単にメラニンと呼ばれることもあります。

メラニン色素には、ユーメラニンとフェオメラニンの2種類がありますが、
一般には、黒または褐色のユーメラニンを指します。

どうして、メラニン色素がつくられるのか?

それは、紫外線を浴びると、メラノサイトという色素細胞が
細胞を守ろうとする働きによってつくられます。

紫外線が肌にあたると、活性酸素が発生します。

この活性酸素が、我々の大敵!

細胞を傷つけ、老化を促進したり、癌の原因になったりします。

活性酸素が発生すると、メラノサイトが活性化し、
チロシナーゼ酵素の働きによって、活性酸素を吸収・分解してくれるのです。

この吸収・分解された活性酸素が、メラニン色素に変わるのです。

なので、メラニン色素がつくられるのは、
活性酸素をやっつけた証拠なのです。

例えば、日やけすると肌が黒くなりますね。

これは、メラノサイト内にあるチロシナーゼ酵素が活性酸素を退治して、
メラニン色素が増えたからに他なりません。

このように健康上メラニン色素が増えることは大切ですが、
メラニン色素が必要以上に皮膚に沈着するとシミ・ソバカスができるので、
美容的には、正常なキレイな皮膚に戻してあげることが必要ですね。

メラニン色素が多いと、肌や髪の色が黒くなります。

逆にメラニン色素が少ないと、肌が白くなったり、白髪が増えたりします。

 

メラニン色素を減らす方法

メラニン色素の生成を抑え、これを減らせば、
あなたが期待している色白の美白肌が得られますよ。

メラニン色素の生成を抑えるには、
下記の方法があります。

まず、紫外線を浴びないことです。

ですが、日中に外出しないわけにはいきませんので、
紫外線を浴びたら、火照った部分を、すぐに冷やしたほうがいいです。

また、紫外線を避ける日傘やサングラスの着用も効果的です。

紫外線から肌を守る日焼け止めクリームや美白化粧品を使いましょう。

食事は、ビタミンC、E、B2、ベータカロテン、ミネラル、
リコピンを含む食べ物を、たくさん摂るようにしましょう。

特に、パセリ、イチゴ、ラッキョウ、パパイヤ、
トマトは効果的です。

 

メラニン色素を増やす方法

メラニン色素の生成を活性化し、これを増やせば、
白髪が減ったり、健康的な色黒の肌に近づけますね。

ぶっちゃけ、紫外線をたくさん浴びれば、
メラニン色素もたくさん増えますが、これは健康上良くない。

ですから、健康に問題がなく、メラニン色素の生成を促すには、
紫外線の弱い時間帯(朝がお勧めです)に、日光浴すると良いでしょう。

お金に余裕があり、時間がとれれば、
エステに通うとよいですね。

白髪を予防したり解消するには、
昆布やワカメ、ヒジキなどの海藻類やレバー、うなぎなどが効果的です。

また、メラニン生成を活性化し、活性酸素を消去してくれる
アントシアニン成分を含むナス、黒豆、黒ゴマもお勧めです。


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player