歯茎の腫れや痛みの原因と治療法、予防法は?!

スポンサード リンク


歯茎が腫れて痛むことってありませんか?

僕も、虫歯や歯周病のため、
前歯や奥歯の周りの歯茎が腫れて痛くなったり、
膿がでてきたりすることが、よくありました。

何が原因で腫れたり、痛んだりするのか?

どうしたら適切に治すことができるか?

また、どんな予防法が効果的なのか?

以上について述べてみたいと思います。

名称未設定-1

歯茎が腫れる原因


歯茎の腫れは、歯の根っこや歯茎に問題のあることが多く、
以下の病気を患っているかもしれません。

●歯肉炎

歯肉炎は、歯磨きが十分にできていないと
その箇所に汚れが付着して、歯肉が炎症を引き起こします。

また歯ブラシでゴシゴシ力を入れて磨きすぎると、
歯肉が傷つき、その傷口から細菌が入って、腫れることがあります。

●歯周病(歯槽膿漏)

歯肉炎が進行すると歯周病・歯槽膿漏になります。
慢性的に歯肉が腫れたり、膿が溜まったりと、
だんだん酷くなってきます。

放置すると、歯が抜けてしまうので要注意です。

●虫歯

虫歯が悪化すると、根管が細菌に感染してしてしまい、
感染根管を起こし、歯の根っこのほうに膿が溜まり
歯茎が腫れることがあります。

●根尖病巣

根尖病巣は、虫歯が進行したり、
その治療が不適切だったり、神経を抜いたことが原因で
起こったりするそうです。

歯周病が原因のときもあります。

根尖病巣になると、歯の根の先の周りに膿がたまって腫れたり、
膿がでてきたりします。

●ストレスや疲労

既に虫歯や歯周病などを煩っていると、
ストレスや疲れが原因で体の抵抗力が落ちて、
歯ぐきが腫れたり痛んだりすることがあります。

この場合、ストレスが引き金になるということですね。

また、ストレスが原因で、歯ぎしりが続きくと、
健康な歯が浮いてしまい、痛みが発生することがあるそうです。


歯茎の腫れと痛みの治療法


歯茎の腫れや痛みを感じたら、原因を特定して
それに見合った治療を施すことが最善です。

治療法としては、やはり専門の歯医者さんに
診察してもらいましょう。

先生に口の中を診てもらい、
レントゲンを撮れば原因は大体わかります。

原因が分かったら、治療が始まります。

まず、炎症がある箇所を消毒して殺菌し
内服薬で炎症を抑えます。

虫歯などで歯の根っこに原因があれば、その治療をします。

麻酔をして、虫歯を削り、そこにセメントを入れ金属の歯を
セットし、噛み合わせを調整したりします。

歯茎に問題がある場合は、歯石の除去や
ブラッシング指導などがあると思います。


歯茎の腫れの予防法


予防法としては、まず、虫歯や歯周病の原因となる
食べかすを残さないこと。

そのため、朝・昼・晩の食後に、
丁寧に歯周りをブラッシングする習慣をつけましょう。

ブラッシングのコツですが、力を入れないで、
丁寧に食べかすを掃除すること。

歯を磨くというのではなく、
歯と歯の間や、歯と歯茎の窪みに溜まりがちな
食べかすを丁寧に取り除くといったイメージですね。

デンタルフロス(食片を取り除くための細い糸)を併用し
丹念に掃除すれば、ほぼ完璧に仕上がると思います。

でも、多忙な現代人には、ここまで丁寧にやるのは、
なかなか難しいんですよね。

実は僕もできていません。

その代わり、10年くらい前から、
半年に1回くらい、歯医者さんで歯石除去しています。

その効果がでて、歯周病の進行を防げています。

なので、ブラッシングに自信がなければ、
歯科医で定期的に歯石除去を受けたほうがいいですね。


他には、体調面やストレスに気をつけること。

体調が優れなかったり、ストレスが溜まると、
抵抗力が衰えて悪いところが出てきますからね。

あと、口の中の殺菌・消毒効果のある「イソジン」などの
市販のうがい薬で、うがいすることをお勧めします。


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player