肺コンプライアンスとは?その低下と上昇の意味は?

スポンサード リンク


肺コンプライアンスを知っていますか?

これは、肺のやわらかさを表す指標です。

肺コンプライアンスが正常であれば問題ないですが、
低下したり、上昇したりすると注意が必要です。

073

肺コンプライアンスの意味

空気を気管から肺に加圧して入れて膨らませ、
その後、自然に肺が縮まるにまかせたときに、
横軸に肺を伸展させる圧力(ΔP)、縦軸に肺の容量変化(ΔV)をとると、
圧-量曲線が得られる。

この「圧-量曲線の傾き(ΔV/ΔP)」が、肺コンプライアンスを意味します。

簡単に言うと、
肺コンプライアンスが高ければ「伸展しやすい肺」
逆に肺コンプライアンスが低ければ「硬い肺」
であるという意味です。

ちなみに、大人の肺コンプライアンスの正常値は「200ml/cmH2O」
だそうです。

スポンサード リンク



肺コンプライアンスが低下または上昇すると

低下すると?

肺が硬くなる(コンプライアンスが低下する)と、
弾性収縮力が強く吸気筋を動かしても
十分に膨らますことができなくなるのです。

コンプライアンスの低い肺は、
まるでゴムの厚い風船のように、
膨らみにくく縮みやすくなっています。

悪くすると以下の病気になっている可能性があります。

拘束性肺疾患(こうそくせいはいしっかん)
間質性肺炎(かんしつせいはいえん)
肺線維症(はいせんいしょう)
肺水腫(はいすいしゅ)

上昇すると?

肺の弾性収縮力が低下して膨らみすぎ(コンプライアンスが上昇する)、
速く息を吐くことができなくなります。

コンプライアンスの高い肺は、
まるでゴムの薄い風船のように、
縮みにくくなっています。

悪くすると以下の病気になっている可能性があります。

肺気腫(はいきしゅ)
慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD)
肺嚢胞症(はいのうほうしょう)

肺コンプライアンスの検査方法は

検査は呼吸器関係の病院で行えます。

まず、鼻から細いチューブを食道まで入れて
食道内の圧力を調べます。

次に、マウスピースをくわえて、
普通の呼吸や深呼吸を何回か行います。

そして、メトロノームの音に合わせて、
3種類の少し速めの呼吸をします。

痛みが気になりますか?

肺コンプライアンスの検査では、
鼻の中に麻酔するそうなので、さほど気にならないでしょう。

ただ、以前歯科治療などの麻酔で具合が悪くなった経験があれば、
事前に申し出てくださいね。

所要時間は30分程度です。

 

病気は嫌ですね。

体調に不安があるときは、あれこれ考えたり、
市販の薬に頼るのではなく、
病院で診察を受けるのが最善の解決策だと思います。


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player