ピロリ菌はヨーグルトLG21で除菌できるの?

スポンサード リンク


ピロリ菌は、胃粘膜に付着しやすく胃の内壁を傷つける悪さを働き、
胃潰瘍、慢性胃炎や十二指腸潰瘍の原因の1つになっています。

そればかりか、胃癌が発生しやすくなる危険な細菌としても知られています。

 

ピロリ菌
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

だから、ピロリ菌の除菌が注目を集めています。

 

その治療は、薬による除菌のほかに、
ヨーグルトLG2が効果があると言われていますね。

市販されていて、評価もそれなりにあるようです。

 
 

LG21は胃液が分泌する酸性の胃の中でも活性度が高く、
ピロリ菌を捕らえやすいのです。

これをヨーグルトに配合すると、さらに活性効果が維持できるのです。

また、乳酸菌の一種であるLG21のいいところは、抗生物質と違って、
副作用もなく安全に摂取できること。

 

ネット上でもピロリ菌の予防や除菌に関して、
ヨーグルトLG2がよく話題になります。

実際に食べてみた多くの人の口コミを見ていると、
賛否両論があるようです。

LG21ヨーグルトで、長年悩まされてきた十二指腸潰瘍が完治した
という人もいれば、ほとんど効果がなかったという人もいました。

もちろん、個人差があるので、人によって効果の有無は否めませんね。

 

LG21乳酸菌にピロリ菌の抑制効果があるのは間違いないです。

ただ、誤解しないで欲しいのは、あくまでも抑制はできるということであって、
ピロリ菌の除菌となると、その科学的根拠は、残念ながら報告されていないようです。

 

結論として、LG21ヨーグルトを食べて、高い確率で除菌できるのは
難しいというのが本当のところだと思います。

なので、本気で除菌したいなら、内科・消化器科病院で
除菌薬を処方してもらったほうがいいですね。

初めは、除菌薬を1週間くらい飲んで治療するそうですよ。

その際、下痢や腹痛など副作用がある人もいるようですが、
ほとんどの人は問題ないとのことです。

 

お勧めなのは、除菌薬とLG21ヨーグルトの併用です。

ある大学の医学部での臨床試験によると、
多くのピロリ菌感染患者に、薬剤とLG21入りヨーグルトの併用治療を
したところ、約90%の高い確率で除菌が成功したそうです。

こうした結果も発表されているので、
一度、病院に行き担当医に相談されてはいかがですか?


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player