御霊前と御仏前の違い|四十九日や新盆の表書きまとめ

スポンサード リンク


知人やご親戚が亡くなり、仏式の通夜・葬儀(告別式)や法要に招待されることは誰でも経験することでしょう。

その際、封筒にお金を入れた香典(こうでん)を持って参列しますね。

弔事(ちょうじ)用の香典袋は、コンビニなどで手軽に購入できます。

でも、封筒の表書きに御霊前(ごれいぜん)と御仏前(御佛前ごぶつぜん)があり、どっちがいいの?と迷いませんか。



御霊前と御仏前の使い分けはどうすればいいのでしょうか。

特にまぎらわしいのが、四十九日(しじゅうくにち)かもしれませんね。

また、新盆(にいぼん)に不祝儀を持参するときも迷いがちではありませんか?

そこで、御霊前と御仏前の違い、仏式の葬式や法事などに持参する封筒の表書きについて、くまなく調べてみました。



御霊前と御仏前の違いとは


御霊前と御仏前は、どちらも故人にささげる金品に書き記すものですが、下記のような意味の違いがあります。

御霊前とは、霊前を丁寧にいうもので、「霊(みたま)の前」にお供えする金品に記す語句。

一方の御仏前は、仏前を丁寧にいうもので、「仏の前」にお供えする金品に記す語句。

香典をお供えするのが「霊」か「仏」かによって、どちらを用いるか決まります。

つまり、故人が霊であれば御霊前をささげ、成仏しているのであれば御仏前をささげましょうということですね。

では、霊と仏の区別はどうなるのでしょうか?

一般的な仏教では、人は亡くなると霊として現世と来世をさまよいますが、四十九日法要をもって来世に旅立ち仏になると考えます。

つまり、四十九日を境にして、その前までが「霊」、それを過ぎると「仏」とみなすのです。

こうした考え方から、故人に差し上げる香典は、四十九日法要の前までは「御霊前」、四十九日法要を過ぎると「御仏前」を用いるのが仏式では一般的です。

ですので、香典など不祝儀袋の表書きは、通夜・葬儀では「御霊前」、四十九日法要を終えてから弔問するときは「御仏前」になりますよ。

ただし、例外があります。

浄土真宗では、死後すぐに往生(成仏)すると考えられているため、上記の考え方は当てはまりません。

浄土真宗の通夜・葬儀に会葬する際は、表書きに「御霊前」は使わず、「御仏前」を使います。

もちろん、その後の法要も「御仏前」を使います。

ちなみに、神式やキリスト教式(カトリック)、無宗教式の通夜・葬式でも御霊前(”みたまえ”と読む)は使えます。

しかし、神式やキリスト教式では、「仏」という考え方はありません。

ですので、仏式の法要に当たる神式の霊祭やキリスト教式の追悼ミサ・記念式では、御仏前は使いません。

基本的に、御霊前は宗教を問わず使えますが、御仏前は仏式でのみ使うことができるのです。

スポンサード リンク



四十九日当日は御霊前それとも御仏前?


前段で仏式の香典など不祝儀袋の表書きは、四十九日法要の”前までは”「御霊前」、四十九日法要を”過ぎると”「御仏前」を用いるといいました(浄土真宗を除く)。

では、四十九日当日はどうなるのでしょうか?

よくよく調べてみると、四十九日当日の表書きは、「御霊前」とする考え方と「御仏前」とする2つの考え方(下記)があるのです。

御霊前とする考え方
故人が成仏できるように僧侶に読経を上げてもらうのが四十九日法要であり、その時点ではまだ”成仏していない”から、当日の表書きは「御霊前」になる。

御仏前とする考え方
故人の霊が無事に極楽浄土に行き成仏できることを祈願するのが四十九日法要なので、当日の表書きは「御仏前」がよい。


ネット上では、四十九日当日は「御霊前」が一般的とするサイトや動画がある一方、Q&Aサイトでは「御仏前」とする見解が多かったりします。

複数のマナー本で確認してみると、当日は「御仏前」や「四十九日以降は御仏前」とする見解はありましたが、「御霊前」はありませんでしたね。

私が調べた範囲では、「御仏前」とする見解が多いかな?と思います。

後述しますが、四十九日法要は重要な意味を持つので、”どちらでもいい”と適当にかたずけるわけにはいきませんよね?

結局は、各寺院の考え方や地域の”しきたり”によって表書きは違うということでしょう。

ですので、可能であれば、先方の僧侶など地域の詳しい方に聞いてみるのが一番良いかと思います。

四十九日当日の表書きは、地域や宗派の慣習にしたがうのが無難ではないでしょうか。

四十九日の意味は?


仏教では、人が亡くなってからの7週間(49日間)を「中陰」といいます。

この期間、死者の霊は現世と冥土の間をさまよい、7日に1回、閻魔大王などによる審判が行われるといいます。

来世で生まれ変わる場所を決めるため、生前の功徳と罪業を取り調べられるのです。

遺族側は、故人に良い審判が下されて極楽浄土に行けるように、亡くなった日から7日ごとに供養を行います。

この供養が、初七日から七七日忌まで合計7回にわたって行われる中陰法要です。

中陰最後の七七日忌は、死後49日目に行われ、通称・四十九日法要と呼ばれます。

中陰が満ちる四十九日法要は、満中陰法要ともよばれ、とても大事な仏事になります。

なぜなら、49日目の最後の審判で、”故人の霊が極楽浄土へ行けるかどうかが決まる”という言い伝えがあるからです。

四十九日は、近親者のほか故人と縁が深い友人や知人を招き、僧侶を迎えて読経(どきょう)をあげてもらう大きな仏事となっています。

また、四十九日は、忌明け(きあけ)の法要とされ、この法要が終わってから金品を持って弔問するときは、その表書きに「御仏前」と記すのが一般的です。

通夜・葬儀(告別式)の表書き




通夜に弔問したり、葬儀や告別式に会葬する際に持参する香典袋の表書きは、下記を使います。

浄土真宗
御仏前(御佛前)

浄土真宗以外の一般的な宗派
御霊前

お通夜やお葬式の時点では、故人の霊は成仏していません。

ですので、故人にささげる香典は基本的には御霊前を用います。

しかし、浄土真宗は、人が亡くなると霊としてさまようことがなく、すぐに仏になると考えられているので御仏前を用いるのです。

御仏前と御佛前は同じ読み・同じ意味で、「佛」は「仏」の旧字体。

御佛前のほうがていねいな印象ですね。


あなたが参列する故人のご家庭はどの宗派でしょうか?

浄土真宗であれば表書きは御仏前(御佛前)、他の宗派であれば御霊前になりますよ。

宗派(仏式)や宗教が分からない場合の対処法


わが国には13の仏教宗派があるといわれますが、一般家庭が属する宗派は主に7つあるそうです。

  1. 浄土真宗
  2. 浄土宗
  3. 真言宗
  4. 日蓮宗
  5. 天台宗
  6. 曹洞宗
  7. 臨済宗

これから参列する喪家(そうか)の宗派または宗教は、できるだけ事前に確認したいです。

しかし、何らかの事情で確認できないこともあるかと思います。

もし、仏教の宗派が分からない場合は下記のいずれかを用いましょう

  • 御香典(御香奠)
  • 御香料

上記はいずれも”お香の代わりにお金を供える”という意味があります。

お香を供えるのは各宗派共通の考え方ですので、上記の表書きであればどの宗派でも問題なく使えますよ。


また、喪家の宗教が仏式かどうかわからない場合は「御霊前」を使いましょう

実は、浄土真宗とキリスト教式のプロテスタントでは、御霊前は使えないとされています。

しかし、故人の身内以外は、先方の宗教など普通は分からないものです。

そのため、運悪く喪家の宗教がプロテスタントであったとしても容認されますし、先方でも気にしないはずです。

ちなみに、神式では「御玉串料」、キリスト教式では「お花料」が表書きになります。

なお、通夜や葬式での御霊前の金額は、あなたと故人の関係によってかなり開きがあります。

ご親戚であれば1万円~5万円、知人・友人や会社関係者であれば5千円~1万円が相場でしょう。

法要の表書き




法要は、故人を供養するために忌日(きにち)や命日(めいにち)に営まれるもので法事ともいいます。

法要に招待されたときの香典・不祝儀の表書きは下記を用います。

浄土真宗
御仏前(御佛前)

浄土真宗以外の一般的な宗派
  • 四十九日法要の前日までは「御霊前」
  • 四十九日法要は「地域の慣習にしたがい”御霊前”または”御仏前(御佛前)”を使う」
  • 四十九日法要を過ぎたら「御仏前(御佛前)」

”亡くなると即日成仏できる”と考える浄土真宗は、通夜・葬式と法要を問わず御仏前になります。

四十九日当日の表書きは、御霊前と御仏前の2つの考え方があるので、地域の”ならわし”にしたがうのが間違いないでしょう。


地域や宗派によっては、上記の表書きとは違うことがあるかもしれません。

もし違っても、上記の例にしたがっていれば、失礼になることはないと思います。

万全を期すなら、先方のご住職や地元の年配者など詳しい方にたずねてみましょう。

どうしても不安だ、四十九日の表書きが確認できなくて困ったという方は、無難に下記の表書きにするという手もあります。

  • 御供物料
  • 御香料

御供物料は”お供え物の代わりに”、御香料は”お香の代わりに”金品をお供えするという意味です。

すべての宗派、全国で使えますよ


数ある法要と表書きをまとめてみました。

 主な法要※行う時期不祝儀の表書き
忌日法要(きにちほうよう)初七日記忌(しょなのかき)死後7日目御霊前
(浄土真宗は御仏前)
二七日忌(ふたなのかき)死後14日目
三七日忌(みなのかき)死後21日目
四七日忌(よなのかき)死後28日目
五七日忌(いつなのかき)
死後35日目
六七日忌(むなのかき)死後42日目
七七日忌(なななのかき)
※通称、四十九日
死後49日目地域の慣習により御霊前または御仏前を使う
(浄土真宗は御仏前)
百か日忌(ひゃっかにちき)死後100日目御仏前
年忌法要(ねんきほうよう)一周忌(いっしゅうき)死後満1年目
三回忌(さんかいき)死後満2日目
七回忌(しちかいき)死後満6日目
十三回忌(じゅうさんかいき)死後満12日目
十七回忌(じゅうしちかいき)死後満16日目
二十三回忌(にじゅうさんかいき)死後満22日目
二十七回忌(にじゅうしちかいき)死後満26日目
※実際は当事者の都合と仏事の慣習から、所定時期より早い休日・土曜日に法要が行われることが多いです。その場合でも表書きは同じです。


いろいろな法要がありますね。

亡くなった日から7日ごとに行う忌日法要と死後満1年目以降に行う年忌法要、さらにそれらのカテゴリーにいくつもの法要があるんですね。

でも、上記はあくまでも仏式における形式的な法要です。

遺族だけで行ったり、実際は省略される法要も多々あります。

また、招かれる人も限られます。

あなたが招待される法要は?


最近の忌日法要では、四十九日と初七日以外の法要は省略されることが多いです。

初七日忌は、亡くなった後の最初に行う重要な法要ですが、最近では葬式当日に繰り上げて、葬儀・告別式の後に行われることが多くなりました。

年忌法要では、七回忌以降から身内(遺族や親戚)で行う法事になるのが慣例です。

実際は遺族や親戚の金銭的負担などをなくすため、十三回忌以降は遺族だけでひっそり行うか、省略するケースも増えてしまっています。

そして、三十三回忌法要をもって弔い上げとなることが多いです。

また、地域の違いもありますが、通夜や葬式と違って、法要は近親者のみで行うことが多くなっています

通常、知人・友人や会社関係者などは招待されません。

もし、招待されるとしたら、深いお付き合いがあった方でしょうね。

ですから、法要に招待されて不祝儀を持参するのは、通常、親戚では四十九日、一周忌、三回忌、七回忌までになるかと思います。

友人などでは、せいぜい三回忌まででしょう。

なお、御仏前の金額は、あなたと故人の関係などによって違いますが、1回の法要につき1万円~3万円が目安になります。

新盆の表書き




新盆とは、忌明け(四十九日)後に初めて迎えるお盆です。

新盆に金品を持参するときの表書きは下記になります。

御仏前(御佛前)

考え方は、四十九日法要と同じですね。

四十九日の後に”仏になる”ので、忌明け後の新盆は御仏前をお供えするということ。

なお、地方によっては、新盆には親戚や知人が盆提灯を贈ることがあるそうです

気になる方は、地元の詳しい方にこうした習慣があるかどうか事前に確認したほうがよいかもしれませんね。

提灯を贈る習慣がなかったり、住宅事情から飾らない家に訪問する際は、不祝儀袋に「御仏前」や「御供物料」と表書きして、現金をつつむのが一般的なようです。

新盆時の金額の相場は地域や故人との関係によって異なりますが、5千円~1万円が多いようです。

提灯を贈ったのであれば、御仏前を持参する必要はないでしょう。

ただ、手ぶらで行くのは気が引けるという人は、値の張らない線香・果物・生花などを持参してみてはいかがでしょうか?

まとめ


御霊前と御仏前は、どちらも故人にささげるもの。

故人が霊としてさまよっているか、成仏したかによって香典・不祝儀の表書きは違ってくる。

御霊前と御仏前は下記の表書きに用いる。

御霊前(浄土真宗以外の宗派)
  • 通夜・葬儀(告別式)
  • 四十九日法要の前日まで

御仏前
  • 浄土真宗
  • 浄土真宗以外の宗派「四十九日を過ぎてから」
  • 新盆

四十九日法要
地域の”ならわし”にしたがい「御霊前」または「御仏前」を用いる

仏事は宗派や地域によって、一般的な”しきたり”と違うことがあります。

喪家の住職や地元の年配者など仏事に詳しい方に”表書き”を確認するのがベストでしょう。

では、今日もよい1日でありますように^^


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player