母の日に贈るバラ!その花言葉は?どんなものが喜ばれるの?

スポンサード リンク


あなたのお母さんは、バラの花は好きですか?

好きみたい。

という方は、母の日にバラの花を贈るのもいいかも。


最近は、お母さんの好きな花を母の日に選ぶ人も多く、
定番のカーネーションでなくても、もちろん大丈夫!

花の女王とも呼ばれるバラ、その優雅で気品高いイメージから、
母の日にもトップクラスの人気があります。

鉢植え(花鉢)や花束に花言葉を添えて贈ると、
バラ好きのお母さんならニンマリでしょうね^^

スポンサード リンク



ぜひ知っておきたいのは花言葉

バラの花言葉は、びっくりするくらい多いです。

他のどの花よりも豊富で、色や本数などによってもあります。

なので、どんな花言葉がしっくりくるかを
考えてみたいですね。

バラの花言葉


まず、全般的な花言葉



  • 幸福


  • 愛嬌

  • 新鮮

  • 斬新

  • 愛情

  • 無邪気

  • 爽やか

  • 私はあなたを愛する

  • あなたのすべてはかわいらしい

  • 内気な恥ずかしさ

  • 気まぐれな美しさ


bara2

いろいろありますが、バラは、「」「」という言葉が象徴的。

意中の女性や恋人などに贈る人は多いし、
バラというのは、愛情を表現する花なのでしょう。

「幸福」というのは、バラをもらって幸せ!という
意味があるようです。

「愛嬌」「無邪気」「内気な恥ずかしさ」は、
相手の愛すべき性格をイメージさせてくれますね。


色別の花言葉もあります


さらに、突っ込んで色別の花言葉をみてみましょう。



  • 情熱

  • 愛情

  • あなたを愛します


  • 美しさの象徴

  • すべてをつくす

    ピンク

  • 上品

  • 気品

  • おしとやか

  • 温かい心

  • 感謝

    オレンジ

  • 絆(きずな)

  • 信頼

  • さわやか

  • すこやか

  • 愛嬌(あいきょう)



  • 友情

  • 献身

  • 可憐


  • さわやか

  • あなたを恋します

  • ジェラシー

  • 薄らぐ愛

  • 恋に飽きた

  • 別れよう



  • 心からの尊敬

  • 清純

  • 相思相愛

  • 素朴

  • 約束を守る

ここで配慮したいのは、黄色

黄色のバラには、「ジェラシー」「薄らぐ愛」など、
マイナスイメージの花言葉もあるので気をつけたいです。

黄色のバラが好きな人へ贈るなら問題ないですが、
そうでない場合は、やめたほうが無難かも。

あと、白いバラは、仏事のイメージもあるそうですよ。
この点も気をつけたいです。


バラの色で変わった花言葉に、こんなものが・・・



  • 奇跡

  • 夢がかなう

  • 神の祝福

  • 不可能

  • これは、サントリーがバイオテクノロジーで開発したもの。
    もともと自然には存在しない青いバラをつくったので、
    奇跡」などという花言葉がつけられたんでしょう。



  • 貴方のすべては私のもの

  • 憎しみ

  • 束縛

  • 黒いバラといえば、ブラックバカラ。
    これは、バレンタイン用にフランスで開発されたもの。
    ある意味で深い愛情をイメージさせる花言葉ですよね。

本数によって花言葉も変わる


バラには、なんと本数ごとの花言葉もあるんですね!

1本「一目惚れ」

3本「愛しています」「告白」

7本 「密かな愛」 密通じゃないですよ。

11本「最愛」

99本「永遠の愛」「ずっと一緒にいよう」

108本「結婚してください」

999本「何度生まれ変わっても貴方を愛す」

11本くらいならともかく、99本以上になると、
相手も確認できないんじゃないでしょうか?(笑)


★おまけ

種類別の花言葉もありますよ。

ミニバラ 無意識の美
バーガディー種 気づかない美
ヨーク・アンド・ランカスター種 戦い

戦いというと物騒ですが、
ランカスター家とヨーク家が争った薔薇戦争に由来しているので、
これは特殊ですね。


母の日に贈るバラはどんなものがいい?


さて、ここまで花言葉をみてきましたが、母の日には
ずばりどんなバラを贈ればいいでしょうか?

私の答えとしては、お母様の好きな色のバラをプ
レゼントするのが一番いいと思います。


それが分からなくて困っちゃう!

という方もいらっしゃるでしょうね。

では、バラの色で女性に人気があるのは、
ピンク、そしてオレンジ

確かに赤は情熱、ピンクは愛情、
オレンジは元気をイメージさせてくれますよね?

特に、母の日には赤とピンクが人気のようです。

赤もいいけど、私ならピンク。

特にダークピンクは、「感謝」の花言葉があるので、
母の日にはダークピンクが最もピッタリくるかなと思いますね。

とにかくバラの花が大好きというお母様には、
一色のバラにこだわらず、華やかに色とりどりのバラ
寄せ植えで贈るというのが良いのではないでしょうか?

また、花屋の店員さんにご教授してもらうのも一つの方法ですね。

鉢植え(花鉢)花束がありますが、
花束だと1週間から長くても3週間くらいの寿命です。

園芸好きなお母様には、長持ちする「鉢植え(花鉢)」がいいかも。

四季咲きといわれるバラは、
春から秋にかけて何度も花を咲かせてくれます。

こまめな肥料と水やりなどが必要にはなりますが、
園芸がお好きであれば、手間も楽しみに変わりますからね。

プレゼントしてお母様に喜んでいただく

贈り物をして母の日に感謝の気持ちを伝えるには、
これが大切だと思います。

bara1

最後に


母の日になると、高価になるカーネーションにくらべ、
バラはお買い得になることもあるそうです。

と言っても、バラが安くなるということではありません。

この時期、買う人が殺到し値段が跳ね上がるカーネーション
にくらべて、値段がいつもとほぼ変わらないバラは、
安く手に入るということですね。

普段はカーネーション派の方も、
今年の母の日は、バラを贈るというのもいいかも^^


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player