ミニストップのバイトは髪色で面接に落ちる?!

スポンサード リンク


ミニストップでバイトをするには、
お店の面接に受からなくてはなりません。

バイトの採用基準の1つに髪色があります。

そこで、髪色などが原因でミニストップでの面接で落ちた、
なんてことがないようにアドバイスしたいと思います。

konbini-1

バイトと髪色

ミニストップに限りませんが、
コンビニのバイトの採否に髪色が影響するのは
間違いないでしょうね。

と言っても、そんなに厳しくはないです。

高卒以上の年齢であれば、
髪を染めていても暗めの茶色くらいなら大丈夫でしょう。

高校生の場合は、微妙なので、
髪は染めないほうが無難でしょうね。

僕の地元にはミニストップが3件ほどありますが、
どこのお店の店員さんも、暗めの茶髪の方はいます。

明るめの茶髪をしている方も少ないですがいますよ。

ミニストップの店員さんは帽子を着用するので、
他のコンビニに比べると、髪色には甘いと言う噂はあります。

もちろん、染髪していないナチュラルな黒色が
一番印象が良いのでしょうが、
今や暗めの茶髪など常識ですし、どこにでも見かけますね。

要は、お客さんから見て違和感なく普通に見える髪色であれば、
問題なしです。

逆に、ヤンキーを思わせるような金髪や
V系みたいな赤、青、黄色などの奇抜な髪色だと
ギョッとしますよね?

実は、こうした派手な髪色のコンビニ店員さんを、
稀に見ることがあります。

ちょっと引いちゃいます。

こうした方が、どうして採用されたのか疑問です。

面接で注意したいこと

面接に行くときの身だしなみも大切ですね。

ネイルは、駄目です。
あと、爪が伸びてるのも駄目です。

ミニストップは衛生面は厳しいそうです。

本部から検査が来たときに衛生面で減点になるので、
面接でも落ちる可能性が高いです。

僕の印象では、ミニストップは元気な店員さんが多いです。

ですので、面接の方の質問には、特に気張らなくていいですが、
ハキハキと答えましょう。

ちょっと不安になりましたか?

大丈夫ですよ!

だって、バイトを募集するのは人手が足りないわけですから、
普通の人であれば採用されるのです。

だから、神経質になる必要は全くありません。

 

さて、上記はミニストップのバイト採用の標準的なお話でした。

実は、同じコンビニでも店舗によって、かなり差があるそうです。

コンビニで働いている方から聞いたのですが、
オーナーさんによって、バイトの採用基準が大分異なるそうです。
甘い方もいれば、厳しい方もいらっしゃるそうです。

ですから、面接を受ける前に、一度、そのお店に行って
店員さんの髪色や身だしなみ、接客ぶりをひそかに観察することを
お勧めします。

バイトしたいお店の様子が分かり、
ちょっと厳しそう、と感じたら、
それに合わせて面接に対処できると思います。

あと、ミニストップの中心的存在の”旗艦店(きかんてん)”や、
本部が直接運営する”直営店”は厳しいらしいです。

何事も準備が大切。

しっかり、下調べをして、ミニストップのバイト採用を
勝ち取ってくださいね!


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player