クマゼミの鳴き声はどう?初鳴きはいつ?分布は?

スポンサード リンク


夏になると、セミの鳴き声が聞こえてきますね。

なかでも、クマゼミの鳴き声は特徴があります。

 

kumazemi

 

クマゼミは名前のとおり、体が大きいので、
鳴き声もうるさい。

その鳴き声は「シャアシャアシャア・・・」「ワシワシワシ・・・」
「センセンセン・・・」などと、遠慮なく色々な鳴き方をするようです。

 

言葉より、耳で確認したほうがいいですね?

では、クマゼミの鳴き声を実際に聞いてみましょう!


 

なんか、「ジャアジャアジャア」「ジッジッジッジッ」と、
稼働中の電動モーターの音ようにも聞こえるんですが。

こんな感想は私だけでしょうか?

 

では、クマゼミの鳴き声は、いつ頃から聞かれるのでしょうか?

初鳴きは、7月だそうです。

もちろん、地域によって差があり、初鳴きは南ほど早く、
北に行くほど遅くなるようです。

初鳴き時期
地域
7月上旬
東海地方、四国地方、九州地方
7月中旬
近畿地方、中国地方
7月下旬
南関東地方

 

クマゼミが分布している地域は、主に西日本(近畿、中国、四国、九州)、
東海地方や関東地方南部、北陸地方南部になります。

こうした地域の平野部や山ろく部、都市部の公園でみられ、
山奥にはいません。

 

もともと、温暖な気候を好み南方に棲息するセミなので、
九州などに多く、昔は本州では珍しかったようです。

しかし、近年の地球温暖化などの影響で、本州にも棲息するようになり、
1990年代以降は、より北の地域での分布を確認できています。

 

特に西日本に多く棲息していますが、冬の寒さが厳しい山陰地方では
数が少ないですよ。

山陰地方以北の日本海側や内陸部も、寒さの関係で
クマゼミの棲息数は少ないです。

北海道には、棲息していませんが、近年では北関東や南東北でも
鳴き声を聞いたとの報告もあるようです。

 

温暖化が進めば、将来的には、より北の地域に棲息するように
なるかも知れませんね。

クマゼミ未体験の北日本にお住まいのあなたは、
この夏、クマゼミが鳴くかどうかを観察してみてはどうでしょうか?


スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

*

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player